読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェスタリスレコード

"What you don't do can be a destructive force." - Eleanor Roosevelt

哀咽

一体いつまで過去に生きようとするのか。過去はなかったんだ。あったかもしれない。が、胸を締め付ける、美しくないものは何一つとして、存在することはできない。

この感情をなんというのか。

このきもちをいつまで掴んで離さないのか。空虚を。焦燥を。

わたしは、わたしが選びとったものしか生きられない。選択肢は無限にあっても、下にあるものしか取ることができていないのか。これがわたしにとっての正解であり、幸福であり、完璧なのか。

いつもいつも、最後の幸せだけを夢見て惨めな思いを抱きしめた。惨めであればある程、しあわせになれるような気がして。しかしね、これは苦しみのレールだ。理由は、いまのその惨めが終わらないことにある。

しあわせなのは生きてるからか?

しあわせなのは終わりがあるからか?

しあわせは、望むものでも夢見るものでもない。わたし本体がしあわせであるように創られているのだ。

わたしは間違ってきたのかもしれない。が、それは無駄ではなかった。意味がある、と信じることではなく。孤独を、悲しみを、悲惨を、わたしはこのからだで感じなければならなかったように思える。意味などはなく、ただ、体験しなければならなかった、とわたしが決めてきたし、いまもまだ決めている。

わたしはこの悲しみと、ずっと一緒にいた。良い悪いではなく、それを常に望み、手にしてきた。

”なぜ、どうして、いつも、こうなんだ・・・”

悲劇の美しさが、痛みが、わたしを魅了する。

わたしのしあわせとは、今まで思っていた幸せとは大きく違っていたのかもしれない。

 

今までの、今の一つ一つがしあわせであり、この先もしあわせでしかないというのは真実らしくみえる。狭い世間の価値観で歪んでしまったしあわせを、わたしの手の中に取り戻す一瞬一瞬である。すべては、わたしの中で完結する美しい宇宙だ。